歯周病にならないための生活習慣

生活習慣を見直して歯周病を予防

歯周病には口腔内だけでなく生活習慣にも原因が

歯茎が腫れる、歯がグラグラする、などの症状で知られる歯周病。
歯周病とは、細菌感染による炎症性疾患の一つで、簡単に言うと、歯を支えている歯ぐき(歯肉)や顎の骨(歯槽骨)が歯周病菌の感染により壊されてしまう病気の事です。
歯の根は、歯髄を取り巻く象牙質の表面がセメント質という層で覆われ、それを歯根膜という線維が歯槽骨との間で接着剤の役割をし、しっかりと固定しています。
歯周病が悪化すると、この歯根にある組織が破壊されてしまい、最終的に歯が抜け落ちてしまう事になります。
厄介なことに、歯周病は痛みが伴う事が無く、歯茎の腫れ、出血などが気になる段階ではかなり進行していまっていることも。

人の口の中には400~700種類もの細菌が住み着いています。
そのままでは無害のものがほとんどですが、歯磨きが充分でなかったりすることで、歯の表面にプラーク(歯垢)がつくと、そこを住処として定住し、歯肉の炎症を引き起越す原因となってしまいます。
プラークは取り除かなえれば硬くなり、歯石へと変化し、取り除くにはブラッシングだけでは困難で、専用の器具でないと落とせません。
取り除かない限り、細菌は毒素を出し続けることになるのです。
こうした口腔内の原因に加え、近年では生活習慣が歯周病の発症、悪化の原因になっていることがわかってきました。
喫煙やストレス、食習慣の西洋化なども深く関係しているといわれています。

歯が抜けてしまうだけでなく、心臓疾患や脳卒中、糖尿病など、全身の疾患への関係も明らかになっており、早期の治療や予防が大切なのです。