生活習慣を見直して歯周病を予防

>

歯周病が引き起こす病気

血管内で血栓をつくってしまう歯周病菌

歯周病と関係の深い病気があります。
一つは心臓病です。
歯周病菌が血流に乗り、心臓に到達した際に、弁や内膜などで炎症をおこしたり、血管の中で血栓を作り、心臓の血管内を詰まらせることで、狭心症や心筋梗塞を起こすことがあるのです。
また、同じようなことが肺で起これば気管支炎や肺炎を起こしてしまいますし、脳で起これば脳卒中などを引き起こす恐れがあります。

また、糖尿病の患者は歯周病になりやすいと言われ、また、歯周病があると糖尿病が悪化し易いと言われています。
これは歯周病菌が血糖値を下げる役割をするインスリンを効きにくくする性質を持っているからです。
歯周病が改善すると、糖尿病の症状も改善した、という研究結果があるくらい、深い関係があります。

歯周病は治療出直るの?

歯周病は細菌感染により発症します。
口の中は、毎日食材と一緒に様々な細菌が入ってくることもあり、全く細菌がいなくなることはありません。
切り傷や擦り傷の様に傷がふさがり完治する、というような完治は難しいと言えます。
症状を限りなく軽く、または無症状まで回復させ、再度症状が出ないように、口の中の原因菌を増やさない努力をする、という事になります。
口腔内を不潔にしてしまえば、再び歯周病菌が増え、再発してしまいます。
再発を防ぐためには、口の中を清潔に保つことが第一です。
定期的に歯科医院で検診や歯石除去、口腔衛生に対するアドバイスなどを受ける様にすると効果的です。
そして、自身で正しい歯磨き、規則正しい生活習慣を心掛けることが大切です。


シェアする